キューピット バレイ
biwako-valley-net

日記

スノーボードの日本

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

日本でのスノーボード
日本では、1970年代後半からいくつかの小規模なメーカーが興されたが、田沼進三によって設立された「MOSSスノースティック」は「MOSSスノーボード」として、現存する世界的古参メーカーとして知られている。

1980年代初頭から各種スノーボードが輸入されはじめたが、スキー場は相継いでスノーボードを滑走禁止にしてしまう。ターン孤の大きさや性質が違うスノーボードとスキーでの接触事故が多くみられたという理由や、初級者の多く、装着場所などのルールやマナーが整理されていなかったスノーボードが、スキーヤーにとっては危険で邪魔だったからという理由が大きい。

スノーボード禁止としたスキー場でも、スキー場が実施するテストを受検し、ライセンスを取得すれば滑走できるようにする所も増えていった。その後、スノーボーダーの技術向上などによりライセンス制を廃止するスキー場が増えた。バブル期にはスキーが大流行し、週末になると一台のリフトを数時間待つということもあったが、時代は移り変わり、ゲレンデに足を運ぶ観光客の減少と年々増加するスノーボード比率も受け入れなくてはならないという、スキー場の経営的側面も影響している。

長野県の老舗スキー場などでは、事故が多いスノーボード解禁には消極的だったが、現在はスノーボードを全面滑走禁止にしているゲレンデはほとんどない。近年では、パークと呼ばれるキッカーやレール、ハーフパイプといったスノーボード向けの施設を導入するスキー場も多くなり、多くのスノーボーダーの人気を集めている。

現在のスノーボード事情で特徴的なことは、世界的にも、フリースタイルがアルペンスタイルより多く一般的であること。また日本は、北米、欧州と比較して用具の普及率が突出して高い。自前の用具を用意する人とレンタルを利用する比率は8:2と言われ、これは北米、欧州の全く逆。このため、レンタルスノーボードにおいては後進国といわれている。

スノーボードの略称は「ボード」「スノボ」「スノボー」と幾つかあり、個人がそれぞれに好きなように略称を用いている。 ローカルと呼ばれるスキー場付近に住むスノーボーダーらは、単に省略した「ボード」という略称を用いていることが多い。

一部の者は「スノボ」「スノボー」を初心者や初級者が使う言葉として認識し、その使用を嫌忌している。またインターネット掲示板などを中心に「スノボ」の略称を使う者を揶揄して「スノボちゃん」と呼ぶことがある。自称中級者が、初心者を馬鹿にして使ったりカップルでゲレンデに来たりまたゲレンデでナンパする様なミーハーなスノーボーダーを「スノボちゃん」と呼び、揶揄して使っている。

が、実際のところは古くからスノーボードをやってきている人々の多くが意外と昔から「スノボ」と呼んでいる事実は知られていない。 なお、海外ではスノーボード、あるいはスノーボーディングと呼ぶのが正しい。

日本では競技団体が日本スノーボード協会(JSBA)と全日本スキー連盟(SAJ)に分かれており、長年にわたって対立している。対立の根源はスノーボードそのものの位置づけで、SAJが「スキーの一種目」としているのに対し、JSBAは「スキーとは無関係の競技」としていることにある。

冬季オリンピックにおいてスノーボード競技が加わった際、国際オリンピック委員会(IOC)は国際スキー連盟(FIS)を統括団体と決定したため下部団体となっているSAJに選手登録した者でなければオリンピックには出場できなくなった。
<関連ブログ>
高鷲SP/放置しすぎ・・・/今スノボ/ぺんぺん/生きてます?/体調が良いぜ。/新潟の雪は…/スノボ1/超豪華!冬の蓼科☆慰安旅行〜スノボ編〜

日記

スノーボードの歴史

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

スノーボードの歴史
1800年代にすでに一枚の板で雪山を滑っていたとも言われているが、一般には1965年にアメリカ合衆国で生まれた「snurfer(スナーファー:snowとsurferの造語)」と呼ばれる雪上サーフィンの玩具などが起原とされている。

これは、非常に小さな合板の板に紐をつけバランスを取り真直ぐに斜面を滑り降りるだけの乗り物で、その形状ゆえに主にスキー場・ゲレンデ等で楽しまれていた。

その後派生する初期のスノーボードは、板の面積が大きく、降雪後に山に登り新雪をサーフィン感覚で滑り降りるもので、スノーサーフィンと呼ばれた。滑走面から飛び出したフィンが付いており、圧雪されたゲレンデでは上手く滑ることができなかった。

1970年代初め、ユタ州ソルトレイクでドミトリエ・ミロビッチによって設立されたウインタースティック社のカタログには「30cm以上の深雪が必要」と記されている。スノーサーフィンは、その後派生する多くのスノーボードメーカーにも大きな影響を与える。1977年にはジェイク・バートン・カーペンターが、「バートン・スノーボード」社を設立し、1980年代中頃ゲレンデを滑る事が出来る道具を開発すると同時に、大量生産の体制を築く。

1990年代に入り、当時若者に人気があったスケートボードのイメージと重なり、爆発的ブームとなって産業として育ってゆく。現在はロシニョール、サロモンなどのスキーメーカーも多くスノーボード業界に参入している。

1998年の長野冬季オリンピックより、アルペンスタイルのパラレル大回転、フリースタイルのハーフパイプが正式種目となる。

2006年のトリノ冬季オリンピックより、スノーボードクロス(ボーダークロス)が正式種目となる。トリノでは、予選は1人ずつ2本滑り、早いタイムを取るタイムトライアル方式、上位32名が残る決勝ラウンドは4人が一度にスタートし、上位2名が次に進める形式である。

このほか、ワールドカップでは大きなジャンプ台を用いて空中での複雑なトリックを競うビッグエアーがあり、日本ではトヨタ・ビッグエアーやエクストレイル・ジャムが代表的な大会として毎年開催されている。

またハーフパイプはワールドカップ競技になっているが、ほかのスポーツのワールドカップが世界最高レベルなのとは異なり、アメリカ合衆国で行われる賞金レースXゲームズの方が競技レベルが高いと言われる。また「国のために大会に出るのではない」とする意識から、オリンピックのハーフパイプ競技は競技者から嫌忌されることがある。

また、現在スノーボードと呼ばれるものとは別に1970年代まで、同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑るボブスレーのような競技が存在していたが、一般には普及しなかった。

日記

スキーの起源

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

歴史
スキーの起源は古く、スカンジナビア半島では紀元前2500年ごろの壁画に狩りをする人がスキーを履いた姿が描かれているのが確認されている。10世紀から11世紀にかけて、バイキングがスキーを軍用に用いたという記録が残っている。

1860年代には、スキー板とスキー靴を固定するビンディングが考案される。1879年には、ノルウェーのオスロにて、初の大規模なスキー大会が開催された。

1907年、ハンネス・シュナイダー(Johannes Schneider)によって、オーストリアのサンアントンなどにスキー学校が設立される。シュナイダーによって、シュテムなどの技術が体系化された。

1924年、フランスのシャモニーにて国際スキー連盟(FIS)が結成される。同年、初の冬季オリンピック大会(シャモニーオリンピック)が開催される。この大会ではクロスカントリースキー、ノルディック複合、スキージャンプがスキー競技として採用されている。アルペン競技は第4回のガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピック(1936年)から採用されている。

1990年代後半から、カービングスキーやショートスキーなど、ターンのしやすい新しいスキー板が普及し始めている。

日本では、1911年(明治44年)1月12日に、新潟県上越市において、オーストリアのレルヒ少佐が日本の軍人にスキー技術を伝授したことが始まりと言われているが、静岡県富士宮市にはそれよりも前にスキー教練をしたという話も出てきており、日本での始まりについては諸説ある。普及には長岡外史などの軍人が貢献し、後に民間へのスポーツとして広まっていくこととなる。

日記

スキーの概要

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

元々は狩人が獲物を追って雪の山野を移動する手段であり、また近代には登山者の山麓での移動手段であったが、やがてスキー自体を楽しむ人々が増えるにつれスキーの練習に適した斜面のある山麓に練習場(ゲレンデ)が出来、やがてもとの目的から独立したスポーツ・レジャーの場としてスキー場と呼ばれるようになった。

日本では積雪期にも宿屋が営業する温泉地に愛好者が集まりやがてスキー場として発展した(山形県の五色温泉や長野県の野沢温泉がそのはしり)。

ヨーロッパのアルプス地方で普及したアルペンスキーを楽しむ人口が多いが、クロスカントリースキーやテレマークスキーのような、スカンジナビア半島で発展したノルディックスキーも現在まで根強い人気がある。

日記

近畿のスキー場の一覧


琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

滋賀県
伊吹山スキー場
奥伊吹スキー場
赤子山スキー場
ベルク余呉
余呉高原スキー場
国境スキー場
マキノ高原スキー場
箱館山スキー場
比良山スキー場 ⇒ 2004年3月31日閉鎖
びわ湖バレイ

京都府
大江山スキー場(宮津市)
京都広河原スキー場(京都市)
弥栄町スイス村スキー場(京丹後市)

兵庫県
神鍋高原スキー場
アップかんなべスキー場
奥神鍋スキー場
万場スキー場
名色スキー場
新戸倉スキー場
スカイバレイスキー場
但馬牧場公園スキー場
ちくさ高原スキー場
ハイパーボウル東鉢
ハチ北スキー場
ハチ高原スキー場
氷ノ山国際スキー場
ばんしゅう戸倉スキー場
ミカタスノーパーク
六甲山人工スキー場
若杉高原大屋スキー場

奈良県
洞川スキー場
和佐又山スキー場
明神平スキー場

日記

スキー場でのリフト券について

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

リフト券
多くのスキー場では、リフトやゴンドラに乗るためにリフト券と呼ばれる券を購入する必要がある。リフト、ゴンドラの両方があるスキー場では両方に乗ることのできる共通リフト券を発行しており、しばしば共通リフト券のみとなっている。

リフト券は1日券、半日券、回数券など複数の種類がある。多くのスキー場では視認性の高い紙製のリフト券を用いていて、これを透明な窓のついたリフト券ホルダーに入れた状態で係員に見せて入場するのが通例である。リフト券ホルダーは腕につけたり首から下げたりするものをリフト券売場で購入できるほか、小物入れと一体になったものやスキーウェアに専用ポケットとして付いているものもある。

一部のスキー場では非接触型ICカード技術を用いたICチケットをリフト券としており、リフト乗り場の入場口のゲートでチケットを認識させて入場する。ICチケットのリフト券は高価なので購入時に保証金を徴収している。

保証金はチケットの返却時に償還される。また、ICチケットは視認性を要求されないため、好みの場所にしまっておくことができる。ただ、ICチケットは、利用者の利便性というよりは、複数の索道会社が一つのスキー場で営業を行っているさいに、利用実績を明確にして収益の配分を行うことが主要な目的だというのが実際のところである。

なお、欧米やオセアニアなどのスキー場では、リフト券は針金のついた紙製シールになっていて、針金をスキーウェアのファスナーのスライド部分の取っ手などに通してからシール面同士を貼り合わせて固定し、利用が終わったら破り捨てるものが多い。これは、紛失などのトラブルを防ぎ、また使用済の券の譲渡などの不正行為を行いにくくするためのようである。

日記

スキー場の索道(リフトなど)2

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

通常、ゴンドラは4〜8人程度が同時に乗れ、ある程度の長距離を比較的高速で登るものが多い。乗降時にはメインのワイヤーから離れてゆっくり進み、スキー板やボードはゴンドラ外側にもうけられた専用の場所に立て掛けておいて中に乗り込む小型のロープウェイであるので、リフトほどの落下の危険がないためかかなりの高度となる場合もあり、素晴らしい眺望を堪能できる事が多い。

リフトでは、スキー板やスノーボードを履いたままイスに座るものが主流である。近年、誤落下防止用のバーが設けられているものや、特に高速リフトなどでは上半身のみの風除フードが備わっているものなど安全・耐寒装備の充実もみられるものの、旧式な一人乗りリフトなどには幾分心許ないものもあり、前後左右に揺れる事から一般的に初心者には勧められない。

通常は1〜6人程度が乗るものとなっており、それぞれシングル、ペア(ロマンス)、トリプル、クワッドリフトなどと呼ばれている場合もある。なお、スキー場のリフトの場合何人乗りの場合でも一座席200kgまで耐えられるように設計されている。

さらに、Jバー、Tバー等と呼ばれる滑走リフトというものがあり、これらの場合は着席などせず、概ね滑走状態のままでバーを直接掴んでからバーの進行方向に対して垂直になる部分に背中や尻を引っかけて、斜面の上方まで引っ張り上げてもらうという形である。

これとは別にロープトゥという、単にワイヤーを手で掴んで引っ張り上げてもらうものもある。滑走リフトは2006年現在の日本では極一部のスキー場の一部、あるいは非常に小規模なスキー場などに残るのみだが、座面が風を受けやすいチェアリフトや、より大きな搬器となるゴンドラやロープウェイと比べて強風に対する耐性がはるかに強いため、海外のスキー場では天候の厳しいことが多い場所を中心として多く見られ、ところによっては大規模なものとなっている。また、滑走リフトは必ずしも支柱を地面深くに固定する必要がないため、仮設リフトとして雪渓や氷河などの上に開かれる夏期スキー場で用いられることもある。

日記

スキー場の索道(リフトなど)1

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

索道(リフトなど)
日本語では、リフトやゴンドラのことを索道という。
スキー場の多くはリフトやロープウェイ(ゴンドラ)などによって山頂付近まで上り、スキーやスノーボードでゲレンデを滑り降りてくるという利用法である。

しかし残念ながら、リフトに乗る事自体が初心者にはハードルになるのも事実で、まず最初はスキー板などを担いで登ったり、スキー板等を履いたまま階段登行などと呼ばれる登り方などで短い距離を登っては滑り下りる練習を繰り返す事から開始し、多少なりとも「滑る・曲がる・止まる」に慣れてから山の中腹ぐらいまでしか行かないリフトなどを利用し徐々にステップアップしてゆくのが一般的である。

スポーツ・レジャーとして定着する頃にはこうした初心者やファミリーユーザを念頭においたコースの整備が進み、ブームとなった頃には1つのスキー場に初心者向けから上級者向けまで様々なコースが揃った広大なスキー場が一般的な存在となった。

結果、ゴンドラやリフトも多種多様なものが生まれているが、主に定員の多いゴンドラは麓から一気に山頂を目指し、難易度の高い急斜面、あるいは緩斜面ながら抜群の眺望を楽しみながら林道をロングランで下るといった複数の選択肢を、定員の少ないリフトは比較的短い区間や麓付近で滑ることの多く初心者、さらに、山頂は無理でも途中ぐらいなら…という場合は乗り継ぎも含めた巧みな配置でゴンドラを補っている。

日記

スキー場について

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/スキー場 からの情報>

元々は冬季の登山に際して交通機関のある山麓の人里から山へのアプローチにスキーを利用しそれを楽しむ登山者が泊まり込みで練習するための場所(=ゲレンデ)だったが、次第に練習場でスキーを楽しむ事だけを目的とする人々が増えてスキー場と広く一般的に呼ばれるようになり、もとの目的から独立したスポーツ・レジャーとしてそこで滑ることをスキーと呼ぶまでになった。

日本における最初のスキー場は1911年(明治44年)に開設された五色温泉スキー場(山形県)であり、民間用にリフトが最初に設けられたのは草津国際スキー場(1948年・群馬県)である。草津国際スキー場以前では、進駐軍が志賀高原丸池と札幌の藻岩スキー場に1947年(昭和22年)に建設したものがあった。

現在ではスキー場は沖縄以外の全国各地に点在し、特に長野県北部や山形県などの豪雪地帯では主要産業となっている。スキー場の周囲には宿泊施設や飲食店、土産物店などが点在し、温泉施設が充実している所も多い。

これらが冬はスキー、夏はハイキング、パラグライダーなどのアウトドアスポーツの拠点として、またリゾート施設や避暑地として利用される傾向が強い。

日記

琵琶湖 バレイのコース名と各データー

琵琶湖バレイやキューピット バレイなどの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/びわ湖バレイ からの情報>

コース
コース名       滑走距離 最大斜度 平均斜面 レベル
打見ゲレンデ        400m 12度 6度 初級
ホーライパノラマゲレンデ   600m 20度 12度 初中級
ホーライ北ゲレンデ      600m 30度 17度 上級
ジャイアントコース      800m 25度 12度 上級
ロマンスコース(スノーパーク) 400m 22度 11度 (スノーパーク)
アルペンコース       1000m 15度 9度 初級
スラロームコース       800m 30度 13度 上級
ダイナミックコース      1000m 22度 11度 中級
チャンピオンコース      2000m 28度 12度 中上級

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。